Top banner

Saudia Airbus A330 シートマップSaudia

Airline logo
サウディアは、エアバス社のA330-300の1機種のみを運航している。同社は2022年現在、32機のA330-300を保有している。同機はゆとりがあり、3クラスで最大300人の乗客を運ぶことができる。エアバスA330-300は長距離機である。最大航続距離は11,300kmです。さらに、エアバスA330-300は、貨物機としても使用することができます。

  • A330-300 V.1

  • A330-300 V.2

  • A330-300 V.3

詳細を見るには座席をクリックしてください

Seat map key

  • デッキを交換する
  • ギャレー
  • お手洗い
  • 会談

A330-300 V.1

航空機の全体
Airbus A330-300 V.1 は、Airbus が Saudia向けに生産している航空機で、以下の座席配置になっています。0-30-0-300.

Seat map

詳細を見るには座席をタップしてください

Seat map key

  • デッキを交換する
  • ギャレー
  • お手洗い
  • 会談

ビジネス

座席30
ピッチ60"
19"
リクライニング180°

A330-300 V.1のビジネスクラスにご搭乗のお客様は、プレミアムミールやプレミアムドリンクをお楽しみいただくことができます。エコノミークラスのお食事よりはるかに優れており、フライトによっては無料のお食事が含まれない場合もあります。足元の広い快適なシートをご利用いただけますが、国内線ではフルリクライニングができない場合があります。

エコノミー

座席300
ピッチ32"
17.3"
リクライニング3"

エコノミークラスでは 出口列、通路側、窓側、そして前方に近い席が、一般的に機内のベストシートとされています。短い出張の場合、到着後できるだけ早く降りられるように、飛行機の前方に近い通路側の席がいいかもしれません。

詳細を見るには座席をクリックしてください

Seat map key

  • デッキを交換する
  • ギャレー
  • お手洗い
  • 会談

A330-300 V.2

航空機の全体
Airbus A330-300 V.2 は、Airbus が Saudia向けに生産している航空機で、以下の座席配置になっています。0-36-0-262.

Seat map

詳細を見るには座席をタップしてください

Seat map key

  • デッキを交換する
  • ギャレー
  • お手洗い
  • 会談

ビジネス

座席36
ピッチ54"
18.8"
リクライニング180°

ビジネスクラスは、エコノミーやプレミアムエコノミーの上のクラスで、アメニティやサービス、座席などがアップグレードされた航空会社のクラスです。ビジネスクラスは、エコノミーやプレミアムエコノミーと比べると、かなりアップグレードされていますが、A330-300 V.2の最上級のファーストクラスがある場合は、まだ一歩劣ります。

エコノミー

座席262
ピッチ32"
16.9-17.3"
リクライニング3"

エコノミークラスでは 出口列、通路側、窓側、そして前方に近い席が、一般的に機内のベストシートとされています。短い出張の場合、到着後できるだけ早く降りられるように、飛行機の前方に近い通路側の席がいいかもしれません。

詳細を見るには座席をクリックしてください

Seat map key

  • デッキを交換する
  • ギャレー
  • お手洗い
  • 会談

A330-300 V.3

航空機の全体
Airbus A330-300 V.3 は、Airbus が Saudia向けに生産している航空機で、以下の座席配置になっています。0-36-0-252.

Seat map

詳細を見るには座席をタップしてください

Seat map key

  • デッキを交換する
  • ギャレー
  • お手洗い
  • 会談

ビジネス

座席36
ピッチ61"
18.8"
リクライニング180°

ビジネスクラスは、エコノミーやプレミアムエコノミーの上のクラスで、アメニティやサービス、座席などがアップグレードされた航空会社のクラスです。ビジネスクラスは、エコノミーやプレミアムエコノミーと比べると、かなりアップグレードされていますが、A330-300 V.3の最上級のファーストクラスがある場合は、まだ一歩劣ります。

エコノミー

座席252
ピッチ32"
17"
リクライニング3"

エコノミークラスでは 出口列、通路側、窓側、そして前方に近い席が、一般的に機内のベストシートとされています。短い出張の場合、到着後できるだけ早く降りられるように、飛行機の前方に近い通路側の席がいいかもしれません。