Top banner

airBaltic (BT) シートマップ

1995年8月28日にエアバルティックとして設立された航空会社です。ラトビアのフラッグシップ・キャリアである。エアバルティックの本社はラトビアのマールペ自治体にある。メインハブ空港はリガ国際空港。副次的なハブ空港はタリン空港、ビリニュス空港、タンペレ空港(2022年5月より)です。エアバルティックは、リガ、タリン、ビリニュスから、主にヨーロッパの首都や観光地へ、通年および季節の直行便を運航しています。同社の航空機は、32機のシングルタイプのエアバスA220-300で構成されています。



seatmaps.comの創設者は、airBalticが運航するすべての航空機のシートマップを網羅したデータベースを作成・構築しています。以下のリンクをクリックすると、シートマップの全種類をご覧いただけます。

もっと読む
  • airBaltic

フリート

Airbus

搭乗手続きのルール

オンラインまたは空港でのチェックインが可能です。ビジネス、クラシック、グリーンプラス、グリーンの航空券をお持ちの方は、出発予定時刻の5日前(118時間前)よりオンラインチェックインをご利用いただけます。コードシェア便(他社運航便)は、出発予定時刻の24時間前からオンラインチェックインが可能です。乗り継ぎ便で、2便目が他社運航便の場合は、出発時刻の24時間前からオンラインチェックインが可能です。

もっと読む

荷物

手荷物1個(55x40x23cm)と身の回り品1個(30x40x10cm)を機内にお持ち込みいただけますが、お客様が12kgまで機内に持ち込むことを許可されていない限り、その合計重量は8kgまでとさせていただきます。 エアバルティック社のフライトで許容される手荷物は、1個あたりの最大重量が23kgで、サイズは100x50x80cmです。

もっと読む

同伴者なしの未成年者

同伴者なしのお子様向けサービスは、5歳以上のお子様を対象としています。5歳から11歳までのお子様には、このサービスが義務付けられています。 12歳以上17歳未満のお子様については、保護者の方のお申し出により、サービスをご利用いただけます。保護者の方は出発まで空港に待機していただく必要があります。例えば、リガ、ジュネーブ、デュッセルドルフ、ミュンヘン、フランクフルト、ハンブルク、ベルリン、シュトゥットガルトでは、シェンゲン協定加盟国へ向かうお子様は、搭乗まで親または保護者が同伴する必要があります。

もっと読む

幼児

2歳未満のお子様は幼児とみなされ、特定の小児運賃が適用されます。生後8日以上の乳幼児は、特に制限なくご搭乗いただけます。生後8日未満の新生児は、有効な医師の診断書がある場合に限り、ご搭乗いただけます。乳幼児には、16歳以上の大人が同伴する必要があります。

もっと読む

ペット

航空会社では、動物の大きさや重さに応じて、動物(犬・猫のみ)を機内持ち込み手荷物として、または受託手荷物としてお預かりしています。航空券購入時に動物に関する情報を提供する必要があります。 犬や猫は、お客様の動物用コンテナに入れ、機内持ち込み手荷物として輸送することができます。ペットの最大重量は、コンテナとともに12kgです。コンテナの最大寸法:55×40×23cm(縦×横×高さ)。1つのコンテナに入れることができるペットは2匹までで、同じ種類でなければなりません。

もっと読む